読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚やらかし事件簿

一生に一度の晴れ舞台である結婚式での実際にやってしまった事件簿をまとめてみました。

私人でもアナウンサーは絶対に不倫しちゃダメな理由「加藤泰平アナが田中萌アナとの不倫報道を受けて」

news.nifty.com

100人いたら100人全員が不倫は悪いことだというでしょう。

 

でも好きになってしまったら、不倫してしまうこともあるかもしれません。

 

だって人間だもの。

 

でもね、イメージを売り物にしている人は、そしてスポンサーがついている人は、絶対に何があっても不倫はしてはいけません。

 

迷惑をかける範囲が、自分と奥さん(旦那さん)と不倫相手にとどまりませんから。

 

自分の所属する芸能事務所、爽やかなイメージを信じて広告に使ってくれたスポンサーを裏切てしまうので、プロ失格ということになります。

 

矢口真里さんやベッキーさんを見ればわかるように、再起には想像を絶する、時間と労力を必要とします。

 

これは芸能人、有名人という特殊な背景があるからで、一般私人であれば、そこまで仕事上の責任を追うことはないでしょう。

※会社内にバレたら出世には響くでしょうが。

 

でも、この「私人枠」の例外としてアナウンサーがあります。

 

taishu.jp

 

アナウンサー、マスコミ関係者は不倫がバレては絶対にダメな職業です。

 

何故ダメか。

 

それは、アナウンサーやマスコミは、他人の浮気や不倫など世の中の不正に対し、厳しく追及する立場だからです。

 

他人に厳しく、自分には甘い。

そんな立場の人が、何かやらかすと、ハチの巣のごとく避難バッシングの集中砲火を受けます。

 

加藤泰平アナが田中萌アナとの不倫報道もそうですね。

 

news.nifty.com

 

両者とも、不倫騒動後、なんの釈明をすることもなく、テレビから消えました。

 

加藤泰平アナは田中萌アナをキズものにした責任を取って、現妻に謝罪して、田中アナと再婚する覚悟はあるのでしょうか?

 

 新婚とバツイチの再婚はあまりおすすめできませんが、、

 

bridal-kekkon.hatenablog.com

 

いずれにせよ、自分が清廉潔白の自信がない人は、きらびやかなテレビの仕事をするべきではありません。

 

2アナウンサーとも、懲戒解雇にならないと思いますが、ほとぼり冷めたころにしれっと復帰するなんて、絶対に許されることではないので、今後はテレビの裏方の仕事を頑張ってください。