読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚やらかし事件簿

一生に一度の晴れ舞台である結婚式での実際にやってしまった事件簿をまとめてみました。

デンマーク選手の態度悪すぎ(笑)リオ五輪バトミントン女子、日本優勝でよかった!!

リオ五輪は日本人選手の金メダルラッシュでとても盛り上がっていますね。

 

そんな中、日本の 松友ペアが女子バトミントンで金メダルを取りました!!

 

うれしいですね!!おめでとうございます!

 

そんな中、だれもが思ったのが、決勝戦の相手のデンマーク女子選手の態度。

 

失礼ながら今までデンマークのことについて、それほど知らなかったのですが、こんな不快な人間がデンマークの選手にはいるのかとかなりがっかりしてしまいました。

 

松友選手のラケットを思いっきり手で払いのけたり、明らかにラケットで羽根を2度打ち(ルール違反)したのに、抗議しても無視したり。

 

スポーツマンシップが低く、こんな選手たちに負けなくて本当によかったと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイッターでもこのデンマークの2選手について、かなり不愉快な選手だという意見が圧倒的に多かったです。

 

今後、女子バトミントンの試合で、このデンマークの選手が他国の選手と戦っても、間違いなく、デンマークの選手の相手国の選手を応援しようと強く決意しました。

 

デンマークの2選手(カミラ・リター・ユール選手とクリスティナ・ペデルセン選手)は、とりあえず松友さんと高橋さんにまずは誤った方がいいと思いますよ。

 

それにしても、決勝戦の審判のミスジャッジも惨かったですね。

 

 

ちゃんと2度打ちだと抗議しているのだから、リプレイを見るとか、ちゃんと検証してくれないと、これで日本選手負けてたら、どう落とし前を付けるつもりだったのでしょうか?

 

日本チームの名誉のためにも、審判から本件に対して「すみません誤審でした」と正式な謝罪をしてほしいですね。

 

メジャースポーツにしたいのであれば、選手も審判もバトミントンという競技自体のレベルを上げていく必要があるでしょう。